CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
WARP
BLOG LIST
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
ONLINE COUNTER
MERO
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

輝くあの日々は 戻らない
待ちに待ったライブDVD。

あの夏をこうして何度も楽しめるのはうれしいです!
でも、今年、私が参加した公演で観た景色の、
少なくとも今日まで覚えていたすべてはたぶん、
このDVDを観たことで、繰り返し観ることで、
このDVDに映った"映像"にいずれ塗り替えられてしまうんだと思う。
それはとてもせつないです。仕方のないことだけども。

…こんなふうに考えるのは私だけだよね…いろいろと難しい。




それぞれ1回ずつ観て、そして今日またDISC1をもう1度観ました。

観終わったあとの気持ちには、とてもあたたかいものがありました。

w-inds.は、w-inds.のライブは、なんて素晴らしいんだろう、と。
今まで何度だってそう思っては確かめてきたけれど、
ほんっっっとうに大好きだとかみしめました。

あと、慶太くんの歌唱力。凄すぎる!
こんなに声出てたっけ?って今更ながら感心したり、
さらに後半のその笑顔には余裕すら感じられたり、
(いかに、涼平くんしか見てなかったということもわかったり)
やはり彼の歌声を超える好きな歌手はいないと思います。

そして何より、3人の表情、楽しそうにライブする姿。
今はもう何処にも無い、あの空間。


しあわせでした。
今年のツアーも本当に楽しかったなぁって、心の底からまた改めて思う。




でも。
"DVD"という観点から感想を述べると、カメラワークは私的にあんまり…。
そう感じてしまったのは、年々w-inds.のパフォーマンスのクオリティが高くなっているからだと思います。
たぶん、カメラがついていけないんだと。
そう思えば少しは気もおさまるよ…。


なぜなら、カメラワークの悪さにこんなに泣けたのは初めてだったので。
無駄なスローモーションにもビックリしたけど、
それ以上に、あまりにも肝心なところがおさまっていない!
(私の視点が単にマニアックだっただけ??)
特に、ブギウギ66、Another Days、Devilあたり。

ライブに参加する度に覚えていった好きな振り。好きなシーン。
どんな想いで毎回楽しみにしては見逃さないように、見届けていたか。
こうしてDVDで観るのをすごく楽しみにしてたのに、、、
それが叶えられなくて本当に残念で悲しくて悔しくて。
Another Daysなんか曲のせつなさも手伝ってさらに号泣、みたいな。
私がいちばん待っていた部分がことごとくおもしろいぐらい映ってなかった…。
ありえない…。
なんかもう、最初はライブ前のあの緊張感やら懐かしさに感動して涙が出てきてたのですが、進むに連れて何が原因で泣いてるのか自分でもわからなくなった。爆

一体この気持ちをどこにぶつければいいんだろう?
毎年のことだけど、今年はやけに多い気がする!
もう怒りを通りこして悲しくなった。
だって、Journeyのあのライブをみることはもう2度とないんだよ。

自分の目に灼き付けてあんなに大事にしてきたものも、
時が経つにつれてどうしても薄くなってく。
だから、DVDというカタチになって何度も観れることは心の拠り所なのに、
確実に映像に残るって保証はやっぱりないんだね…。
agehaでつくづく感じたけど、また知ってしまった感じ。
それらの部分は、今はもう、自分の記憶と手元に残ったメモだけが頼りです。

ファンの好みなんて、人それぞれ違うんだから希望を言えばキリがないし、ぜんぶおさめるなんて無理だけど、でも、本当に悔しすぎる。


せめてさ、遠いアングルからの映像はほんの少しでいいと思う。
席を選べない分、DVDでは出来るだけ近くの3人を観たいのに。
全体図を観れるのもいい場合もあったけれど、
「え、ここでひくの?!」ってのばかりで…もったいなかったです。

あと、Fire Flowerでスローにする意味がわからない。
その他のスローは許せても、ファイフラでスローにするのは、どう考えてもオカシイと思う。


とにかく、余計なことはしなくていいから、ちゃんとポイントをおさえてほしかった。
ただそれだけのことなのに。
今年もこんなにいいライブだっただけに、あの名場面が再現されなかった点は本当に残念でなりません。

私がDVDに期待しすぎただけかな。
はぁ・・・。


でも、もちろんダメだった点ばかりじゃないです!

整理してみれば、カメラワークが気になったのは前半の方で、後半はそれほど気にならなかった。
そんなことよりも、「楽しい!」って思いの方が明らかに大きい。
「あぁこんな感じだったな。」と、うまく言葉には表せないあの懐かしい感動が次から次へと蘇ってきて胸が熱くなりました。

中でも、メッセージはすーっごく良かったなぁ。うっとり。
CDより声よく出てたんじゃないかな?
Top〜Devilの流れとか、メッセージからTRIALへ切り替わる部分も好きだし、それ以降クライマックスにかけての盛り上がり・一体感も最高に楽しいし、最後の挨拶をぜんぶ(だよね?)いれてくれたのも良かったです!

やっぱり、w-inds.はライブがいちばん楽しいし大好き!!!
そもそも、DVD収録に参加出来たことだけでも本当にうれしかったんだよね…

DVD自体、音の響きも去年より良かった気がします◎
DISC2の作りも私は結構好きでした!


細かい感想とかおもしろい発見とか語りたいことは沢山あるんだけど、
まだもっとじっくり観たいし、また別記事に。
でも、BEST ELEVENも出るから追いつけるかな…。
少しずつ書いていけたらと思います。




この夏も、大好きだった。
二度とない瞬間へとDive
昨夜あの後、DISC1の本編から観ました。
終わったところでちょうど深夜1時を回ったので、
DISC2も見たかったけど、朝起きれないと困るからやむなく中断。
今夜は2を見て、また本編もじっくりと鑑賞しよう。


とりあえず、現段階の感想を一言で言うとすれば・・・




w-inds.





ぴかぴか





w-inds.って本っっっ当にカッコイイんだね。・゜・(ノд`)・゜・。
や、かっこいいことなんてそんなの百も承知ですけどね!!
でも、DVD観て、このライブをもう1度みて、改めて思ったの。
このかっこよさはハンパないわぁ…。(震)
w-inds.ってほんと何なんだろう???
あーもうほんと、こんな3人、どこ探したっていない気がする。


そして、これは毎年感じることだけど、
慶太くんの歌唱力はもちろんのこと、ライブ自体の出来がスゴイ!
w-inds.の成長…進化が。
ハイレベルでハイクオリティーなパフォーマンスに改めて脱帽。
これを実際に見たんだ…と思うと、再び感動が止まらないよ。
1stライブからずっと見てきたけどさ、、、まさかここまで、こんなにも素晴らしいステージを見せてくれるなんて…あの頃の私は思っただろうか?

…なんか、この気持ちを、うまく言葉にまとめられる脳がないのが悔しい。


心配してたカメラワークの件ですが、
私が想像してたより良かったです!(どんだけ最悪想像してたんだという話)
ちょっと、遠い位置(カメラ引きすぎ)からの映像が無駄に多いかなーってのが気になるぐらいで…。
あとはまぁ、希望を言ったらそんなの人それぞれあるんだからキリないし、全部なんて絶対に無理だもんね…。

まだ1回しか見てないので、気付いてなかったり見逃した部分がいっぱいあると思うけど、今これだけは言いたいこと。
(以下、微妙なネタバレ)
続きを読む >>
WORKS vol.5
良かった・・・良かったよ。(じーん)

改めて"PV集"として見れるのはやっぱりうれしい。楽しい。
暇さえあればずっと見てて、曲の良さもつくづく感じてて
今、この4曲が日に日にまた好きになってる。


十六夜の月、約束のカケラ、IT'S IN THE STARS、そして、TRIAL。
4曲それぞれタイプの違う曲だから、映像のつくりもそれぞれ。
好き嫌いあると思うけどそういうの取っ払って、4つとも良いと思える。
なんでだろうな…すごい不思議。


今回の中で、PV的に私が最も好きなのはTRIALのオリジナルバージョン。
か、、、カケラかなぁ。
あーっでも十六夜もいいよね!
でも個人的には、インスタのあの感じも結構好きなんだ〜。

…つまり、選べないってことで。笑


そういえば私、今までPVの感想とかここであまり語ってなかったので、これを機にまとめてざっと感想を。



♪十六夜の月

うまく言えないんだけど、あの色みが好き。ほの暗さが。
この曲の切ない感じがよく出てると思います。(誰だよ)
でも、涼平くんの手の振り…あの部分が謎(笑)。
そして龍一くんのこの金髪が好きでしょうがない。





♪約束のカケラ
これ見る度にcafeを思い出す。

好きなシーンは、龍サンタが上野なつひちゃんの肩を叩いて呼び止めたときに、たくさんの風船が上がるところ。ここスゴイ感動的。
で、その後、サンタを脱ぎ捨てて歩いて出てくる龍一くんがカッコイイ!




♪IT'S IN THE STARS

最初見たときに抱いたイメージはAD+SL÷2みたいな感じでした。
で、全部を見たら、いかにも「IT'S IN THE STARS」っぽくて!
おもしろかった。こういうのもアリだと思う(笑)。
お酒(=リンゴジュースと紅茶だっけ?)飲むシーンのぎこちなさとか。
全体的に見ていてほんと楽しいし。
特に2番以降がお気に入り。
涼平くんと慶太くんが傾むいて固まったところとか最高!
(ここの2人好きすぎてこのデジフォトも買っちゃった)




♪TRIAL

CDTVの新曲EXPRESSで紹介されたときに、オリジナルの映像がちらっと写ったのに、その後解禁されたPVはGOAL用のみだったという…。あのときのブーイングはすごかったなぁ…。(遠い目)
まぁ映画の宣伝だったから仕方ないけど。
一応、ベッカムと共演…出来たし…よかったよね(笑)。

そうしてやっと見れたオリジナルバージョンですが、
あの空って、本当に合成じゃなかったんだね!ビックリ!本物みたい!
3人が描いた空ってことなのかぁ…。
うーん。
それなら、もっと豪快に描いてるそれらしい動作が欲しかったかも。

でも、水辺で踊るのも好きだし、木にもたれかかって歌ってるのも好きだし、風がいい感じで吹いてて、さわやかなw-inds.をよりさわやかに引き立ててくれてて。
スタジオ内の撮影だったけど、絵になってると思う。(べた褒め)
一番最後の映像、空をバックに3人の後ろ姿。これすーっごいいいなぁ。


TRIAL(オリジナルの方)は今回唯一、w-inds.のみ出演のPVだったね。
役者さんとか、ダンサーさんも登場するPVがずっと続いてたから、
とても新鮮に感じられました!

でも、GOAL用のはそれはそれでいいと思う。
映画のタイアップに使われたという大きな財産になったと、すごい実感。






●お気にいりメーキング映像名場面集●

w-inds.ってかっこいいのになんでこんなにかわいいんだろね。
そして思ったのが、涼平くんってやっぱりリーダーだなと。



♪十六夜の月

・涼ちゃん赤メッシュ懐かしい!!
・タメ組のおんぶ!!これいつ見てもいいよね〜〜〜!
龍一くんがしっかりと慶太くんの首に腕巻き付けてるのがかわいい。
いかにも当たり前なことのような2人が自然なんだもん!笑
・カメラに向かってポーズ連発の3人。かわいい。
・龍「〜なんか懐かしいっすね、なんか懐かしいっすね」←なんかここきゅんときてたまらない。



♪約束のカケラ

・芝公園!ここにも行きました!(サイト内EXHIBIT参照)
・撮影終わってキャンドルを選ぶ3人がめちゃめちゃかわいい!!素だね〜。真剣に選んでる!
慶「これじゃ大っきいですか?」って!!
大きいのもらっちゃ悪いと思ったのかなぁ?ぎゃーかわいいっ!
・横浜美術館にて。
やっぱり王子はファーが似合うな!+タートルネック!ステキ!!!
・デート出発前の道産子。(違) この2人かわいすぎる。
・エキストラ多いなー!駐車場で踊るの狭そう。
・涼平くんの着てるTシャツの柄がものすごい気になる(笑)。




♪IT'S IN THE STARS

初回盤CDについてきたDVD見てても思ったけど、
私、このときの衣装(スーツ)がものすごく好き!!
3人ともなんてかっこいいんだろうと、、、本当に惚れ惚れする。
特に龍一くんの衣装…あの襟元かわいい。てかほんと全員素敵!!!
しかもこの撮影現場とか…かっこよすぎてやばぁーい!

・涼平くんの後ろでもぐもぐしてるタメ組。
・ピアノ連弾!!かわいいーー!
慶太くんこれまさに王子だ王子。
・撮影間の3人は常にニコニコ。ほんと楽しそう!!
・最後の涼平くんのコメント、、、、いきなり何のマネ?(わからない…)



♪TRIAL

・お弁当片手にペコペコしながら登場のけーたさん。
個人的にTRIALの慶太くんの髪型すき。
・衣装も好き。やっぱりw-inds.は白が似合う!
・一瞬写ってる涼平くんタンクのシーンはボツになったのですか??素
・涼「あの小学校低学年のあの大雨の学校帰りみたいになってます」
・カメラに向かって手振ったりピースしたり。
あれ武道館2日目のMCでも同じようなことやってた!笑
・幻の映像も最高でした。(少ないけど)
・でこりんかわいいーーーーーーー!作業する気満々とか何!
・この涼平くんすごいかわいい。衣装も道具もよくお似合いで。
・うずくまる乙女涼たん&包み込む慶たんっ!!!!(言葉が出ない)





そしてエンドロールは風詩ですか…。泣
なにげにここでながれてる映像も良いのいっぱいあるんですけど!
もったいないーーーーーー!と思ってしまった。笑
何分かかってもいいから全部音声つきで見たかったなぁ〜。


今回はオマケもなかったし、イベ映像はともかく、
インタビューもなかったのはちょっと淋しい。(インタビューは去年もなかったけど)
しかも、ブギウギ関係ないのにジャケ写ブギッてるもんなぁ。(まだ言ってる)

でもでも、中身は充実してた!
それはw-inds.そのものの良さなんだなってふと思ったよ。
本人たちにしてみれば、別にわざとおもしろいことをしてるわけじゃなくて、全部が日常のなにげないワンシーンであろうけど、いつもこんなことが繰り広げられてるんだと思うと、なんだかうらやましいというか(何が)、大変なこともたくさんあると思うけど、その中でも楽しく仕事してるんだろうなって、、、WORKS見ると毎回そう思う。

特に私は、カメラに向かってポーズきめる3人が好き。
撮った映像をモニターでチェックする3人の真剣な眼差しが好き。
(今回に限らず毎回言えることですが)

こういう姿見ると、ますます制作に対する3人の気持ちも伺えるし、
「やっぱりプロなんだなぁ」って思うんだよね…。

制作側を見るのが個人的に好きって理由も多少あるかもしれないけど、
今回もすっごい楽しませていただきました。


これからも、w-inds.の素敵な作品たくさんつくって届けてね。
WORKS vol.4...
観ています。
もう、今回はジャケ写も最高なら、中身も素晴らしい!!!
w-inds.って、本当にどんどんいい作品を残していくんだね(ノ_・、)
そして、これからどんな作品をつくるんだろうと、とても楽しみです。
(…インタビューとかないんだね。いつもあったのになんか寂しい)

PVは、4曲それぞれの良さがあってどれも好きだけど、
強いて言うならキレイだか…四季かなぁ。
PVについては今は触れませんが。
やっと好きなだけ自由にPVが見れるのは、本当に嬉しいです(●´∀`●)


まずは今回のメイン!(?)
FCイベ映像の、『四季』と『永遠の途中』
もー…ほんとにどうしてくれようか。
一体どんな言葉で表現したらこの気持ち表せるんだろう。
とにかくすっごい良い…・゜・(PД`q。)・゜・

FCイベのときも確かに感動したけど、
こうして映像として見て、ココまで感動するとは思わなかった。
やっぱり、涼平くんのコーラスが私はどこまでも大好きです。
CDよりも聴こえんじゃないかってくらい響いてて、
この心の奥底の方を掴んで離さない、そんな感じ。
Vocalとのハモリがキレイすぎる!!!
画面に映るお顔ももちろん美しくて(*゚ー゚*)。・:*:・ポワァァン
あと、2番終わった後の、3人のハーモ二ーもたまらなくイイ!
[君がいない四季を渡るよ]の、[るよ]の部分とか最高。

一度、画面から目を離したり、目をつむって聴いてみてください。(誰)
聴覚だけで、感じとるものはまた何かが違うんだよねー。
慶太くんの声って見える気がする。(いつも思うんですが)
それにしても、四季って本当にイイ曲だよなぁ。(しみじみ)
原曲はもちろん大好きだけど、アコースティックバージョンも、
本当にステキです!!


永遠の途中 も、涙ボロボロでした。。
もうどれだけ、イイコトバ並べても言い足りないので、
余計なことは言いません。
あの日の感動が見事に蘇りました。。
楽器の担当がない涼平くんだけど、コーラスという武器(?)で、
また魅了させられた。゚(ToT)゚。
3人だけでつくりあげてるのがすっごいあったかくて、
ほんとに完璧だと思ってしまった。
CDと同時に聴いて比べてみたけど、全然違和感ないし!
ふたふたとかでもいけるんじゃないかと思います。

四季のc/wということで、2曲続けて聴けるのもよかったなぁ。
もー…ホントこの2曲良すぎでしょう!!!
永遠の途中 は歌詞も好きだし、私の中で四季の次に聴きたい曲、
って感じの存在で、どうしても切り離せないんだよねー。
本当にあまりにも良かったんで、
ケイタイのボイスレコーダーに2曲とも全部録音し、
いつでもどこでも気軽に聴けるようにしました。(呆)
案外キレイに録れるもんだね〜。

…出来ることならば、どうかこの2曲をCD化してくださいっ。(真剣)
千葉平収録をも願ってたけど、なんかこういうふうに感動した後で、
サンバもないよなぁと思ってしまいました(笑)。
見たかったけどね。

エンドロールがPerfect dayってのも、また涙を誘います。


そして、お楽しみのオマケ映像。
今回もスゴかったです!楽しかった〜!!!
さすがOMAKE Masterだけあるね〜。
ステキな映像、そして編集、どうもありがとうございます。
今回もまたたくさん笑わせて頂きました!
FLIGHT MASTERとかけたところもおもしろいです。
…でも、黒いバックのロゴのシーンで飛ぶFLIGHTの文字も、
ちゃんとOMAKEに直してほしかったな〜。
ここまでこだわってほしかった。

オマケ映像の中で私が1番好きなのは、迷うまでもなく、
四季の電車ごっこ。

龍「慶太くーん帰るよー。」
慶「あーい、帰るよー。」
←この声の調子が無性に好き!
龍「はーい、帰るよー。」
慶「はい、帰るよー。」
慶「運転手さーん!」
龍「運転手さん!」
涼「僕が運転手ですか。そうですか。」
龍「さぁ帰るよー。」

…この流れ最高!'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

もうっ、ここ何回見たかわかんないよ〜。
どうしてこの3人はこんなにかわいらしいんですか??
会報でこのショット見たときも、かわいいなぁってスゴイ思ってたけど、
こうゆうちゃんとした(?笑)ストーリーがあったなんて!!!
慶太くんを誘った龍ちゃんがまずかわいいんだけど、
それにちゃんとノる慶太くんの返事がかなりツボです!
そして、いきなり運転手さんに設定させられて、
運転手になる涼ちゃんもかわいい!
龍ちゃんてば、ちゃんと汽笛みたいなのもやってるし〜( *´艸`)
はー・・・この子達は一体何なんでしょうか。
ほんとに愛し過ぎる。

他にもツボいっぱいあったんですが、かなり長くなったんで終わりー。

| 1/1PAGES |