CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
WARP
BLOG LIST
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
ONLINE COUNTER
MERO
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

風が吹く街。〜ファイナル@代々木競技場第一体育館〜
改めて。
昨日は本当にお疲れさまでした。

開場の予定時刻を過ぎてもなかなか開かなくて、
いくらなんでもおかしい…と思い始めてた頃でした。
スタッフからの「メンバーがリハーサル中にケガをして…」との案内に皆騒然。

間もなく開場したものの、開演は17時過ぎるとのこと。
不安を抱えながら迎えた開演に先立ち、事務所の方が登場してお詫びと説明がありました。

「じん帯…」…「立つのもやっと」…「強い痛み止め」…
その方が告げる言葉に、私は頭が真っ白になりました…。

そして、開演。
Spinning Aroundで幕が開くと、そこには3人がちゃんといた。
龍一くんはごめんと手を合わせるような仕草をして、踊り始めた。



もう、、、私はその姿を見たら涙がぽろぽろとこぼれて止まらなくて、号泣。
しばらく龍一くんを見れなかった…。
というかSpininng Aroundはほとんど見れてない。
だって、踊ってるんだもん…!!
いつものパフォーマンスではないにしろ、さっきの説明を聞いて私が想像していたよりも龍一くんはすごく動いてて踊ってて。
だけども強い痛みを我慢して無理してでもがんばって踊ってるんだと思うと、もう胸が痛くて絶えきれなくなってしまった。
顔が上げられなかった…。

でも泣いちゃだめだ、最後なんだし笑って楽しい顔で3人を見守らなきゃ!って思い直しSpinning終盤でなんとか涙をふいてステージを見ました。

正直な話、普段はライブ中はほとんど涼平くんしか見ていません。
もしも何も言われなかったら、龍一くんの昨日のダンスを見ても私は気付けなかったかもしれない。
ちょっと大げさかもしれないけど、それくらい龍一くんは動いてたのでビックリしたし、何よりも、ライブを中止にしないで、私たちに届けたいというその強い意思が伝わってきたので泣けた…。
そして、始終、龍一くんを常にそっと見守りながらパフォーマンスしてるかのようだった2人の存在。
ファンよりも誰よりも心配してたのは2人だよね。

最後の慶太くんの挨拶にもすごく感動しました。
そして、抱きしめ合うメンバーたちに涙、涙、涙。
(w-inds.大好きだ!と、かみしめた瞬間でもあります)
もうね、じゅうぶんでした。

3人の繋がりって、きっと私たちが思ってる以上に強いものだと思う。
それがもっと強くなったんじゃないかなぁって。
(…って、偉そうなこと言える立場じゃないけど!)

そんなふうなことも思いながら3人を見送れたので終わりはあたたかかったです。
これでツアーが終わっちゃう、夏が終わっちゃう。そして龍一くんのこと…。
せつないさみしい気持ちでいっぱいなはずなんだけど、それ以上に感謝の気持ちが溢れていた。

w-idns.、本当に、本当にありがとう。




とにかく、龍一くんのケガが1日でも早く治りますように。
Asia song festivalも控えてるし、
龍一くんに限らず涼平くんも慶太くんもみんな…
ケガや体調管理には本当に気をつけてほしいです!


…書こうか書かないか迷ったけれど、書きました。
このことはもう書かないようにします。





以下、個人的レポ。


代々木競技場第一体育館に足を踏み入れたのは、私は初めてでした。
どんなに広い会場なんだろうと思っていたけれど、
たまアリや大阪城ホール、レインボーホール(ガイシ)を見てきたせいか、
思ったよりも広いと感じなかったし驚かなかったなぁ?
(東京ドームはまだ未知の世界。)
でも確かに縦長!楕円!
全然関係ないけど、トイレがもっと数多くてきれいだったらいいなと思った。笑

ですが、昨日は最終日にして今年いちばんステージに近い席でした…。
まさかのアリーナAブロック…!
コネでもなく(そんな繋がりいません)、
オークションでもなく(大金叩いてまで前の席で見たいとか別に思わない)、
正真正銘、自力でとったミラクルチケット!
もちろん保険かけてとったとかでもないし、普通に自分で申し込んで確保したFC枠のチケット。
当たり前に自分の名前が入ってる。

うれしかった…。心の底からうれしかった…(´;ω;`)

私が取る席は本当に後ろばかりで、
今までのその苦労(?)が報われたというか、、、
でもあきらめないでいつかきっと…って信じていつも夢みてた。
強く願ってれば本当に叶うんだと、実証。

まさかこんな距離で見れるとは思ってなかったので心の準備が足りず、
ましてや、いつものライブ前のあの緊張感だけではなかったこともあり、
開演前はなんだかすごく変な感じでした。
イベでもこんなに近くで観れたことなかったもんなぁ。
なにがなんだかたぶんわけわかんなくなってたと思う。

憧れのすべてがそこにあって、本当にキラキラとしていて、まるで夢の様。
だけどリアルで、まだしっかり生きている。

中でも、いちばん印象的なのは、アメあととStayです。(Stay復活!涙)
ほんとにもう、マバタキ惜しんで観ていました。
この2曲ますます大好きになった!


そして、思ってもいなかった新曲初披露。しかも2曲!!
うれしすぎた(´;ω;`)。


つまり、セットリスト変更アリ。
アンコール曲が増えたり、ダンサーさんが増えたり。。。

まだまだ長くなりそうなので、ここでいったんきります。続く。
風が吹く街。〜in神奈川〜
DVC00313_M.JPG

神奈川公演2daysお疲れさまでした!


楽しかった〜!!!
2日間盛り上がって本当にすっごく楽しかった…(⊃Д`。)



今年もFCチケットが落選して、身近でも余ってる人がいなくて。
一時どうなることかと思ったけれど、譲ってくださる方が見つかり両日とも参加させていただきました。
本当にありがたいことです。

…なんだかんだ言って神奈川県民ホールは、THANKSのときから両日参加出来てるなぁ。



1日目は3階の最後尾ではあったものの、念願の涼サイド!
(あ。これにて1階2階3階と、会場は違えど各階の最後尾を制覇!)

今までおもしろいほどにずーっと龍一くん側で、ど真ん中が2回。
メンバーの立ち位置は曲によって変わるし、別にこだわりがあるわけではないんだけど、同じ角度ばかり続いてたので別に角度から観てみたかったのです。

上からだったけど左側からはすごい新鮮な感じがしたし、最後尾でも結構見えたことにビックリ!
もうなにもこわくない(笑)。



そして2日目は1階14列目!
神奈川県民ホールでこんなに前になったことがない私…。(震)
しかも、またまたセンターよりの涼平くん側!
あのアングルは、まさに今ツアー始まって以来初めての眺めでした。
席に着いて始まるまでそわそわドキドキ。
なんかもう夢の様だった。

しかも普通に近いっ!!!
双眼鏡使わなくてもよく見えるってステキ。
私は肉眼で観たい派なんだけど、視力弱いし、表情などハッキリ観たいときのために双眼鏡は一応いつも持って行きます。
だけど、一度も使わないで済んだ!
メモも取る余裕もなかったし、マバタキ惜しんでじっとみてました。






ライブって始まってから終わるまでが本当に早いよね…。
この2日間もあっっっとゆうまだった。

開演前のあのざわつき。
少しずつ席が埋まってく様子。
友達との再会。
新しい出逢い。
あの雰囲気、空気感もぜんぶ大好き。

そして刻一刻と迫るあの瞬間。

あー。ライブってなんでこんなに楽しいんだろう?



どんどん良くなっていくね。
ついこの間始まったと思ったのに。
やっと楽しさがわかってきて波に乗れたところだったのに。
もう終盤に向かってるなんて信じられない。
今年はいつも以上に早いように感じます。




ライブ中。
パフォーマンスはもちろんカッコよくて見とれてしまう。
ぷらす、3人の仲良しやニコニコしてるのを見ると、こっちまで笑顔になってしまう。
そんな自分にふと気付くと、ものすごくきもちわるいんだけど(笑)それでもいいの。


この2日間、龍一くんが何度も「楽しい!」って言っていた気がする。
言葉に出さなくても3人のあの顔を見てれば楽しんでるのが伝わってくるけど、
言葉で聞けるのはよりうれしいです。


昨日は「こんなに人が集まるのは奇跡」とゆうようなことも言っていた。

w-inds.がいて、
ダンサーさんバンドさん、影で支えてる大勢のスタッフ。
そして私たちファンがいて。
「ライブはみんなでつくり上げるもの」だとも。

最後にこんなやりとりもあった。
龍「今日のライブは成功した?」
慶「成功した!」(キラキラと汗を輝かせた満面の笑顔で)

大成功だよ!
会場全体がひとつの輪になって自分もその中に居た。それだけでしあわせ!

大きく手を振りながらステージから去ってく3人を最後の最後まで見届け、私にとってホールでのライブが終わりました…。

終わってしまったのはさみしいけど、今回も得たものは計り知れない。

w-inds.大好きすぎる。
また来年もあの場所であいたいな。




以下、ネタバレをほんの少し。
セットリストまた変更あり!
続きを読む >>
風が吹く街。〜夢の川口2days〜
まただいぶ間が空いてしまいました…。


川口2days参加してきたのに、すっごくすーっごく楽しかったのに、
時間は過ぎるからどんどん日常に流されてく感じがして悲しい。

夢みたいだ…。


今年はまったくFCのチケットがとれなくて(もちろん一般もフロンティアも×)、なかなか譲ってくださる方も見つからなくて(おーくしょんはやりません。)、もうダメかもとあきらめかけていたところ、、、最終的には両日とも参加することが出来ました(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)

しかも2日目は当日券!
お友達が手配してくださって…もう、信じられないくらいうれしかった。
まさにプレミアチケット。(ある意味いちばんレアだと思う…)


1日目は2階席だったのですが、実はリリアの2階席は初めてでした。
あまりの見やすさ近さにビックリ!!余裕だね!


そして、2日目は1階席後ろのどまんなか!再びどまんなか!
やっぱりセンターは、ステージがきれいに見えるので、ツアー中1度はなりたいゾーンです。
こっちの席も見やすくてきもちよかった!
普通に肉眼でよく見える近さだし。
(私的に、パシフィコ27列より近かったと思う。)
傾斜もまたちょうどよくて、視線の先まっすぐにはちょうど慶太くんがいたよ。


なんでこんなに見やすいんだろう?
だからリリアって大好き。


ちなみに、リリアでの過去最高は去年のLeadの12列です。
すごいやばかったぁ………。

最前なんてどうなってしまうんだろう…?
と、毎回無駄に想像はしてみるものの、そんな席自分で取った事ない。
そもそも当選すら難しいし…



でも。
私がこんなにもリリアに思い入れがあるのは、単に会場が狭いからではなく。

w-inds.ファンになって初めて、

「チケットはないけどどうしても行きたい!」

と思い、生まれて初めてチケットを探して譲っていただいてまで、
行くことを決めたのが2003年7月24日の川口公演だったからです。

当時はまだ今みたいに何公演も行く楽しさを知らなくて、1公演行くのが普通だと思っていた私。

FCでは武道館の分を確保していたので、他の公演に行こうなんて最初はこれっぽっちも考えてなかったのですが、直前に某掲示板にて雑談していたところ(当時は譲り合いの話も気軽に出来た時代)、1枚余ってるという人に出逢い、メールのやりとりをして現金を送ってチケットを送ってもらいと、今思えばちょっと危険なルーツだったけど、無事に譲っていただいて参加することが出来ました。


w-inds.のライブを観たくて、3人にあいたくて、
チケットを探して見つけて、東京からはるばる1人で川口へ行く。
いろんな想いが私を動かした。

どこへだって、1人だって、行ける!

勇気をもった。小さいけど自信がもてた。
もしかしたら、そういう意味であれは始まりの一歩だったかもしれない。
あのときの気持ちは一生忘れないと思う。


そんなこんなで、リリアにはすっごく思い入れがあるのです。
今年も参加出来たこと、改めて感謝します。




ちょっと脱線してしまいましたが、
ライブはとっても楽しかった!!!




以下、ネタバレ。

これまでと比べるといろいろ変化あり!
…と言っても、私は自分が行かない公演のネタバレは見てないので、川口から変わったのではないかもしれません…。

あと、私が言うのもアレですが、
全体的にだんだん慣れてきたとゆうか、まとまってきた感じがさらにする。
でもセットリストはまた変更あるかもしれないね。

MCも2日ともおもしろかった!!!
涼平くんかわいすぎた…いっぱいしゃべってた。
あんな3人が大好きだと心底思う(´;ω;`)

とりあえず、セットリストなど。


続きを読む >>
風が吹く街。〜in 宇都宮〜
DVC00030_M.JPG


昨日は宇都宮公演お疲れさまでした。

なにげに、宇都宮公演に参加するのは今年で3年連続!
しかし、今年はチケットがとれなくて、相方さんも落選しちゃって、
もう行けないかも…と思い始めてた矢先に、
お友達から譲っていただけたのでした。(本当に感謝!)

2階席もすんごくよく見えたことにビックリ!
私的に、リリア並みに近く見やすいんじゃないかと思った。
しかも、どセンター!
ステージ全体がきれいに見えて本当に見やすかった!

ますますこの会場が気に入ってしまった。

でも、宇都宮駅から近いわけではなく(バスで20〜30分かかる)、周りには時間潰せるような場所もなく、ちょっと不便なのが難点。

敷地内に噴水があったり、芝生が広がってたり、木々の緑が美しくて、雰囲気は結構スキなんだけどなぁ。どこかの避暑地に来たようなオアシス感とゆうか。(?)

よって、心配だったのが帰り。
交通費は出来るだけ安く抑えたいので、もちろん帰りも鈍行!
それなのに、日曜日に18時開演って…。
間に合うか不安だったよ。

都内に戻れたとしても自宅最寄り駅までの終電に間に合わないかもしれない…。
最悪の場合、ネットカフェに泊まるか…とまで考えてました。
無事にバスに乗れるか、宇都宮を出れるか、終電に間に合うか、家に帰れるか、、、
帰りのことを心配しながらのライブは初めて。

そして残念だったのは、ライブ終わってすぐに会場飛び出してバス停に並ぶべく走ったり焦らなければならなかったこと。
いつもは撤収されるまで居座って余韻に浸ってたいのに(←迷惑)、そんな余裕なんて一切なく一目散で急いだ急いだ。(同じような状況の人が他にもいっぱいいた)

こんなのもうぜったい嫌だ(笑)。


よりによって、昨日は開演時間かなり押して18時30分近くに始まって。
今年いちばん遅かったと思う。

よく、開演時間間際まで会場の外でくつろいでる人がいますが、私はギリギリになって入る人の気持ちがわからない。
席決まってるんだからいいじゃん!とか言われたときは正直悲しい…。
仕事とか用事があったりして入場が遅れてしまうのは仕方ないけどさ。
私は開演前の会場の雰囲気も大好きなので一刻も早く中に入ります。(外暑いし。)
あのドキドキ感を味わうのがまた楽しいんだ。
だから、開場してるのに外にいるのはすごいもったいないと思ってしまう。
(…こんな私はたぶん変かもしれない。笑)

そもそも、昨日は入場に時間がかかってた気がする。
スタッフが足りなかったのかなぁ?入り口が狭いだけかなぁ?
なんであんなに外まで並んだんだろう。謎。



ライブの感想は、下記に書くとして。


宇都宮と言ったらやっぱり餃子!
とゆうことで、宇都宮駅に着いて即、「みんみん」へ!

すごい行列でした。
他のお店に行こうかとか考えたけど、探すのもめんどいし毎年ここ来てたからここの味がいいなぁと思って並びました。
並び始めてから席について餃子が運ばれてるまで、ちょうど1時間くらい待ったかな。
すでに2時を過ぎていたのでかなり腹ぺこでした。(なんせ朝ごはん食べたのは6時半。)

餃子は私は断然、水餃子派なのですが、焼餃子も食べてみようかなという思いと、お腹もすごい減ってたので、水餃子1人前+焼餃子1人前のセットにしました。(どんだけ)

DVC00031_M.JPG

焼餃子が先に来て冷める前に食べたかったので、とりえあずここで撮影。
食べていると数分後に水餃子が到着!
大食い丸出し恥ずかしいから写真はこれだけのにしときます(笑)。
あ、もちろん、ライスは1つです。

美味しかった〜〜〜!
普段はそんなに餃子って好きでもないしめったに食べないのですが、
やっぱり宇都宮に来たからには食べないと!
並んだ甲斐もあり、すっごくお腹も空いていたこともあり、一層おいしくいただきました。
他にもファンが何人かいたり、この列のところで3組ものお友達とバッタリ会ったりして面白かったです(笑)。



以下、ライブのネタバレ。
MCは少しメモ取れたのでわかるところだけ簡単に書いてみました。
セットリストは変更無し。

宇都宮って毎年、すごい楽しい!!って思うのですが、
(まぁどの公演もライブは楽しいのだけれど)
今年もすっごい楽しかった!!!
なんだろうな、交通不便なにね、会場がいいのかなぁ〜?

あと、うまく言えないけどライブを観てると思うことがあって、
昨日もそれをぎゅっと強く感じられたことがうれしかったです。



続きを読む >>
開幕!
w-inds. Live Tour 2008 Seventh Ave. スタートぴかぴか

(ネタバレは隠してます)


今年もついに夏が始まりました!

楽しかった〜!!!

やっぱり私はダンスが好き!
"ライブ"が好き!あの空間が好き。
w-inds.が大好き!!!


とっても見応えのある2時間でした。
あっっとゆうま過ぎて、まだ気持ちがなんだか落ち着いていない。

これからどうなってゆくのか、それもまた楽しみ!
だってもっとぜったい良いライブになってくと思うから。
もっとよく観たい!
出来ればもっと近くでじっくり観たい!
そう思わせてくれるパフォーマンスばかりだった。

初日、お疲れさまでした。




今日は初日だしメモもがんばったので、明日が終わったらもっと詳しくまとめられたらいいなぁと思ってるけど、、、あくまでも予定です…(笑)。

とりあえず、セットリストと、初日ならではの感想を簡単に残します。

※ネタバレ嫌な方は、以下ぜったい見ないでください。
続きを読む >>
au DOWNLOAD MUSIC CHART
あれからちょうど半年の今日・・・


スペシャルシートなんて当たるわけもなく、早朝から並ぶことに!
まぁもともと並ぶ気満々だったし、全然平気だよねー^^と気合い十分。
今回もこりんちゃんと一緒に行ってきました。



※以下、自己満足レポです。


この間の『音流』前は二度寝しちゃって起きれなかった私も、こういうときはしっかり起きるからw-inds.に会えるパワーってスゴイなぁと思う。
元気に3時半起床。

しかし今日は朝っぱらから暑かった!
湿気のこもった重い空気でたまに吹く風も生温く。
でも、あぁ本当に夏なんだなって、気候でライブがもうすぐだとゆうことを肌で実感。


現地には6時頃着いたのですが、ファンがほとんどいない!
…と思ったら、そこにいたのは先頭の子たちで、どうやらスタッフとの約束とかで、ここに人が集まると危ないから(非常に狭い)、来た順番に名前を書いておくことにした様子。

悲しいことに私たちは、すでに70人目を超えてました。

おしい…!

前回に引き続きまたやってしまった。
ツメが甘いとゆうか、あと一歩のところでダメ。
ほんと、今回も学んだよ…

教訓:中途半端に早く行くんだったら始発で行け!(`・ω・´)



70人目以降に集まった人々はどうするのか?とゆうと、

「3階に設置されたモニターで模様を流すのでそちらでどうぞ」とのこと。

モニターって…
ここにw-inds.が来るのに映像でなんか見たくないよ…。
(ライブでもスクリーンはなるべく見たくないタイプ)

あとはもう、スロープからちょうどスタジオを見下ろせる箇所が5メートルくらいあって、立ち止まらなければそこから見てもいいということなので、そうするしかもう術はなく、まぁ一目でも見れればいいと思っていたからとりあえず安心。




ラジオが始まるまで少し時間があったのですが、
そこを離れるほどの余裕はないし、そもそもあの暑さの中外歩きたくなかったので、私たちはスタジオの中をウロウロしたりした後、なんとなく入り口入ったところで時間が過ぎるのを待ってた…そのとき!

突然、事は起こりました。

いきなり、ファンが何人かざわーっと入ってきて、
私は「?!」と思って、ファンの進んで行った方向を見ると、、、
その先には見覚えのある後ろ姿が!!

黒のニット帽。伸びたえりあし、タンクトップ。
そして、しっかり筋肉のついた腕。

六:(慶太くん?!(。Д゚; 三 ;゚Д゚))

その人は足早にスタジオへと降りてゆきました。


一時、騒然。
ほんと一瞬何が起こったのかわからなかった!
慶太くんがスタジオ奥の部屋へ行ってからやっと、周りのファンも状況を把握したようだった(笑)。

だってあれじゃあわからないよ。
こんなところから堂々と来るとは予想してなかったもん!
普通にお客さんの入り口の自動ドアから入ってきたの。
私たちの前を通って!!!

あー…なんで気付かなかったんだろう?!
てか、なんでこっちから入ってきたんだろう?しかも1人で。
くやしいとゆうか、残念とゆうか、、、信じられない。
まさかのまさか。

…なんか、ふと思ったんだけど、
もしも街ですれ違ったとしても意外と気付かないかもしれないな…。


ちなみに、道産子たちはその10分後くらいにいつもの様にやって来ました。






そして12:00。ラジオがスタート!


スロープを上ってはUターンして下りての繰り返し。(…)
それでもこうしてあえるのだからみんな同じことをします。


で、私たちの順番が回ってきた最初の方で、
こりんちゃんが「りゅーちゃん!」って呼んだら、
上を見上げてくれて、かわいい瞳をキョロキョロさせて、
私たちを見つけてくれた…!!!

特に、手振り返してもらったとか笑顔くれたとかじゃないんだけど、
うれしかった(´;ω;`)
あの瞳で見られたらほんっとやばい!!!


今日は全員とも帽子を被ってたのですが、何度も外してくれて。
(相当暑かったし熱かったもんね)
涼平くんに関してはキャップ+マスクだったのでヘタしたら顔がほとんど見えない状態。
でも、マスクも結構外してくれてたかな。
しかも、どんなトーク中だったのか、1人椅子から下りてたので全身もよく見えました。

涼平くんの今の髪の長さイイーーー◎
タンパツすぎるのも好きだったけどこのくらいが好き!!
この金髪はいつかを思い出させるね。
つむじすらかわいいってどういうこと?!

そして服装もこれまたかっこよくて!
黒いポロシャツ(?)に、ベージュのパンツ、ロングのブーツにイン。
爽やかに着こなしていました。


慶太くんは、roarのニット帽!(懐かしい!!)
しかも、以前はおでこの上にマークを合わせてたのに、ちゃんと横にしてた!

てか、龍一くんもagehaの頃よくかぶってたキャップをブランチでかぶってたりしたし。昔使ってたものを今再び、ってなんだかうれしいな。


詳しい服装は、コチラ(au DOWNROAD MUSIC CHARTサイト)
杉崎さんのブログにも写真載ってます!(ブログも読み応えあり。)

めざにゅ〜でおなじみの杉崎さん。
すごい可愛かった!
テレビで見るよりも細くて小柄で顔小さくて可愛かった〜!



で、話は戻ります。

何度目のときだったかな。
またまた、こりんちゃんが「けーたくん!」て呼んで手を振ったら、、、

慶太くんが気付いてくれて、こっち見上げて「どこ?」みたいな目をして。

愛コンタクトしてはにかんでくれた…!!

。・゚・(つД`)・゚・。



…まぁただこれだけのことなんだけど、しばらく震えが止まらなかった。
うれしすぎてどうしようもなくて。


しかも、こりんちゃんは別に大きい声で呼んだわけじゃなくて、
普通におしゃべりする時と同じぐらいの大きさの声だったのに、
ちゃんと聴こえてたの。(もはや感動!)

名前を呼ぶ声に気付いて、振り向いて、探して見つけて、目を合わせて、
仕舞いには微笑んでくれた。

こんなうれしいことそうそうない!!!


あくまでも、名前を呼んだのはこりんちゃんなので、私が喜ぶのはちょっとあつかましいのですが、ほんとに私までうれしくなってしまいしあわせでした。

だって、スペイン坂スタジオとかだとガラスが遮ってて、声届くことは難しいもんね。
ステキなミラクルありがとうー!

どさくさに紛れて涼平くんとも0.1秒くらい目が合った気がする!


あ。あと、最後の方で、前の子たちが「w-inds.ー!」って呼んで、
3人して見上げてくれて、(この3人の動きがかわいかった)
ちゃっかり便乗(笑)。(すみません…)

メンバーの名前を呼ぶのは普通だけど、「w-inds.」って呼びかける人は私は珍しい気がしたので、そうだよなぁ…w-inds.は3人なんだからw-inds.って呼べば3人が見てくれるかもしれないんだと、妙に納得。



そんなこんなで1時間はあっとゆうまに過ぎました。

あのスロープ何回往復しただろう?(笑)
みんな夢中とゆうか必死だったけど、他人から見たら…や、スロープ組以外のファンやメンバーからも見たら異常な光景だったと思う…(笑)。

でも、距離的には立ち見より近かったし、3人から反応もらいやすいし、
なんだかんだ言ってかなりオイシかった!!!
スロープ上り下りは体力的にもきつかったけどね…。
しかもただでさえ暑いのにあの熱狂。熱かった。



整理券もらえなくてどうなることかと思ったけど、
スロープから見れて良かった。楽しかった。
何よりも、素敵な思い出が出来たこと。
終わりよければすべてよしっ!みたいな。


3人がくれるものって、本当にいっぱいあるけど、
その中のひとつは、"安心"です。やすらぎ。

そして、キラキラ。
やっぱり3人はカッコイイ!!!

少なくとも、連日のリハで疲れてるだろうに、
ファンサービスうれしかったよ。
うれしかった(´;ω;`)



ファンって楽しい。








Re-Style LIVE Vol.5
遅くなりましたが、先日のことを…。



ちょうど1年振りのNHKホール!
前回行ったのはMJ@LOVE IS THE GREATEST THINGの公録のとき。
(これは譲っていただいた分だし、MJ長い間当たってないなぁ…)

最初、仮当選メールが送られてきた時点では、思いきり喜ぶに喜べなかったのですが、その後、無事に本当選メールが送られてきて、参加決定!うれしかった…!

エコクイズが意外にも難しくて(もっと安易なものだと思った…)
解答するのに1時間位かかりました。
でも応募するからにはぜったいに当選したいから、
間違いのないようにすごい必死にくまなく調べて、何度も見直しして。
写真も送ろうとして結局は送らなかったけど…
でもなにげに自信あったんだけどなぁ、100点ではなかったみたい。

でも、応募した人はほとんど当たってたようなので、条件的にも厳しいし、ペアじゃないし、当たりやすかったのかな?



入場はアルファベットごとに整理番号順でした。
エコなだけにチケットも当選ハガキなどもありません。
当選メールと身分証明書、そして当選者に事前に送られてきたQRコードを提示しながらの入場。
ちゃんと1人1人確認してました。だから時間がかかる。

そして座席は、入場した順に自由席。(!)
私はBの100番台でした。
A〜Pまである内のBなら結構前の席になれるんじゃないの?と期待が高まりつつも、気持ちは焦る!かなり焦る!
だって、まるで椅子取りゲーム。


私が入った頃はもう前の方はぜんぶ埋まってて、それでもどこか空いてないかと探したら、真ん中の方でぽつんと空いる席を発見!
すかさずそこへ入り込み確保!
なかなか近い!見やすい!
終演後に座席番号確認して見たら10列目だった。
あ、でもオーケストラビット使ってたから実質13〜4列目くらいかな?
ほぼセンターだし、普通に近くて見やすかったです◎

てか、NHKの1階に降りてきたのはすんごい久しぶりだった…。
十六夜以来だよ…。


席を確保してホッとしたところで、
周りにw-inds.ファンらしき人がいなくてちょっと心細くなりつつ、
辺りを見回しながら開演を待っていると、
なぜか突然、隣にいた男の人がずれて私の席の隣が空席になったので、
これはチャンス!と思い、
こりんちゃんを呼び寄せて一緒に観ることが出来ました。
…よって、おかげでより一層楽しめまたと思います!(ありがとう☆)




w-inds.は『アメあと』と『TOKYO』を披露。

涼平くん…ハットかぶっててほとんど顔が見えなかった…。
ダンスはずっと観てたけど、
でもそうなると私の視点は少し広がります。

そこで気付いたのは、龍一くんがかわいすぎたこと!
瞳がくりんとしててかわいいんだよなぁ。
特に今の髪型!ほんといい!!キープしてほしい!


で、『TOKYO』では、VMAJで聴いたときの感覚が蘇ってきてほわんとなった。

この曲好きだぁああ!

でも大サビで、慶太くんの歌声が心に突き刺さってしまい、もうダメだと思いました。゚(゚ノД`゚)゚。
すごい感情こもっててさ、泣けてきたよ…。


ペンライトは持って行ったのですが、どうやら禁止だったみたいで(?)、
周りの人は誰も持ってなくて私も出しずらくなって何も持たずに観たんだけど、、、

かなりの手持ち無沙汰!

ライブ中はいつも、ぜったい片手にライト持ってる私。
この手をどうしていいかわかんない〜。
w-inds.って、手拍子はなんか違う気がするし…。
何もない手を振るのもなんかオカシイし…
振らなくてもいいから手にはライトを持っていたいよ…。


なんだかんだ言ってやっぱりw-inds.ファンがいちばん多かったのかなぁ。
歓声的に若いというか、元気!

でも、ほんとに3人はかっこよかった!!!


照明は、エコなので歌番組みたいな派手な感じではなく、シンプルなもののようでした。


…なんか、これといった感想が書けない…。
私の場合、w-inds.のパフォーマンスを観てるときって、それが何度目であろうといつも気持ちが高まってしまい、終わった後にいざ思い出そうとしても、キラキラしすぎて夢の様に思えてしまうこともしばしば。
慣れないなぁ。慣れたくなんかないけど。


w-inds.以外で印象に残ったのはLes Freresでした。
ご兄弟によるピアノデュオ。
私はテレビで見たことがあって知ってたんだけど、
やっぱり凄いね………。
天才だと思う。
本当に素晴らしかったです。


個人的には、ブリグリが出演したのもうれしかった!!
中学〜高校の頃は好きでCDも買ってたしよく聴いてたので。
まさか今になって観れるとは思わなかったよ…
トミー可愛かったなぁ。


あと、GLAYのTERUさんが3階席から見てたのには驚きました(笑)。



ほんとはもっと詳しく書ければよいのですが…。

エコだからと言ってあまり堅苦しくはなく、笑いありアクション(?笑)ありの面白いイベントでした。
これでフリーってすごい!
2時間半たっぷりと楽しめました。

「知る」ということがまず大事だと思う。
難しいことばかりじゃないんだって、わかりました。


そして最後には環境省の大臣もステージに上がって挨拶をし、Vol.6の開催を約束してくださいました!笑
そのときはぜひ!またw-inds.を出演させていただけますように!




ちなみに、今うちで実践してる『エコ』は…

*レジ袋はできるだけもらわない
*電気を無駄遣いしない為に早く寝るように心がける
*使ってない電気はコンセント抜く
*マイスプーンマイフォーク持参
*JourneyTシャツ買って木を植えた
…などです。(エコと言えるかどうか微妙なのもあるけれど。)

私も、これからもエコを実践していきたいと思います。



お疲れさまでした!
| 1/6PAGES | >>