CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
WARP
BLOG LIST
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
ONLINE COUNTER
MERO
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< Seventh Ave. | main | ツアーグッズ発表! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

au DOWNLOAD MUSIC CHART
あれからちょうど半年の今日・・・


スペシャルシートなんて当たるわけもなく、早朝から並ぶことに!
まぁもともと並ぶ気満々だったし、全然平気だよねー^^と気合い十分。
今回もこりんちゃんと一緒に行ってきました。



※以下、自己満足レポです。


この間の『音流』前は二度寝しちゃって起きれなかった私も、こういうときはしっかり起きるからw-inds.に会えるパワーってスゴイなぁと思う。
元気に3時半起床。

しかし今日は朝っぱらから暑かった!
湿気のこもった重い空気でたまに吹く風も生温く。
でも、あぁ本当に夏なんだなって、気候でライブがもうすぐだとゆうことを肌で実感。


現地には6時頃着いたのですが、ファンがほとんどいない!
…と思ったら、そこにいたのは先頭の子たちで、どうやらスタッフとの約束とかで、ここに人が集まると危ないから(非常に狭い)、来た順番に名前を書いておくことにした様子。

悲しいことに私たちは、すでに70人目を超えてました。

おしい…!

前回に引き続きまたやってしまった。
ツメが甘いとゆうか、あと一歩のところでダメ。
ほんと、今回も学んだよ…

教訓:中途半端に早く行くんだったら始発で行け!(`・ω・´)



70人目以降に集まった人々はどうするのか?とゆうと、

「3階に設置されたモニターで模様を流すのでそちらでどうぞ」とのこと。

モニターって…
ここにw-inds.が来るのに映像でなんか見たくないよ…。
(ライブでもスクリーンはなるべく見たくないタイプ)

あとはもう、スロープからちょうどスタジオを見下ろせる箇所が5メートルくらいあって、立ち止まらなければそこから見てもいいということなので、そうするしかもう術はなく、まぁ一目でも見れればいいと思っていたからとりあえず安心。




ラジオが始まるまで少し時間があったのですが、
そこを離れるほどの余裕はないし、そもそもあの暑さの中外歩きたくなかったので、私たちはスタジオの中をウロウロしたりした後、なんとなく入り口入ったところで時間が過ぎるのを待ってた…そのとき!

突然、事は起こりました。

いきなり、ファンが何人かざわーっと入ってきて、
私は「?!」と思って、ファンの進んで行った方向を見ると、、、
その先には見覚えのある後ろ姿が!!

黒のニット帽。伸びたえりあし、タンクトップ。
そして、しっかり筋肉のついた腕。

六:(慶太くん?!(。Д゚; 三 ;゚Д゚))

その人は足早にスタジオへと降りてゆきました。


一時、騒然。
ほんと一瞬何が起こったのかわからなかった!
慶太くんがスタジオ奥の部屋へ行ってからやっと、周りのファンも状況を把握したようだった(笑)。

だってあれじゃあわからないよ。
こんなところから堂々と来るとは予想してなかったもん!
普通にお客さんの入り口の自動ドアから入ってきたの。
私たちの前を通って!!!

あー…なんで気付かなかったんだろう?!
てか、なんでこっちから入ってきたんだろう?しかも1人で。
くやしいとゆうか、残念とゆうか、、、信じられない。
まさかのまさか。

…なんか、ふと思ったんだけど、
もしも街ですれ違ったとしても意外と気付かないかもしれないな…。


ちなみに、道産子たちはその10分後くらいにいつもの様にやって来ました。






そして12:00。ラジオがスタート!


スロープを上ってはUターンして下りての繰り返し。(…)
それでもこうしてあえるのだからみんな同じことをします。


で、私たちの順番が回ってきた最初の方で、
こりんちゃんが「りゅーちゃん!」って呼んだら、
上を見上げてくれて、かわいい瞳をキョロキョロさせて、
私たちを見つけてくれた…!!!

特に、手振り返してもらったとか笑顔くれたとかじゃないんだけど、
うれしかった(´;ω;`)
あの瞳で見られたらほんっとやばい!!!


今日は全員とも帽子を被ってたのですが、何度も外してくれて。
(相当暑かったし熱かったもんね)
涼平くんに関してはキャップ+マスクだったのでヘタしたら顔がほとんど見えない状態。
でも、マスクも結構外してくれてたかな。
しかも、どんなトーク中だったのか、1人椅子から下りてたので全身もよく見えました。

涼平くんの今の髪の長さイイーーー◎
タンパツすぎるのも好きだったけどこのくらいが好き!!
この金髪はいつかを思い出させるね。
つむじすらかわいいってどういうこと?!

そして服装もこれまたかっこよくて!
黒いポロシャツ(?)に、ベージュのパンツ、ロングのブーツにイン。
爽やかに着こなしていました。


慶太くんは、roarのニット帽!(懐かしい!!)
しかも、以前はおでこの上にマークを合わせてたのに、ちゃんと横にしてた!

てか、龍一くんもagehaの頃よくかぶってたキャップをブランチでかぶってたりしたし。昔使ってたものを今再び、ってなんだかうれしいな。


詳しい服装は、コチラ(au DOWNROAD MUSIC CHARTサイト)
杉崎さんのブログにも写真載ってます!(ブログも読み応えあり。)

めざにゅ〜でおなじみの杉崎さん。
すごい可愛かった!
テレビで見るよりも細くて小柄で顔小さくて可愛かった〜!



で、話は戻ります。

何度目のときだったかな。
またまた、こりんちゃんが「けーたくん!」て呼んで手を振ったら、、、

慶太くんが気付いてくれて、こっち見上げて「どこ?」みたいな目をして。

愛コンタクトしてはにかんでくれた…!!

。・゚・(つД`)・゚・。



…まぁただこれだけのことなんだけど、しばらく震えが止まらなかった。
うれしすぎてどうしようもなくて。


しかも、こりんちゃんは別に大きい声で呼んだわけじゃなくて、
普通におしゃべりする時と同じぐらいの大きさの声だったのに、
ちゃんと聴こえてたの。(もはや感動!)

名前を呼ぶ声に気付いて、振り向いて、探して見つけて、目を合わせて、
仕舞いには微笑んでくれた。

こんなうれしいことそうそうない!!!


あくまでも、名前を呼んだのはこりんちゃんなので、私が喜ぶのはちょっとあつかましいのですが、ほんとに私までうれしくなってしまいしあわせでした。

だって、スペイン坂スタジオとかだとガラスが遮ってて、声届くことは難しいもんね。
ステキなミラクルありがとうー!

どさくさに紛れて涼平くんとも0.1秒くらい目が合った気がする!


あ。あと、最後の方で、前の子たちが「w-inds.ー!」って呼んで、
3人して見上げてくれて、(この3人の動きがかわいかった)
ちゃっかり便乗(笑)。(すみません…)

メンバーの名前を呼ぶのは普通だけど、「w-inds.」って呼びかける人は私は珍しい気がしたので、そうだよなぁ…w-inds.は3人なんだからw-inds.って呼べば3人が見てくれるかもしれないんだと、妙に納得。



そんなこんなで1時間はあっとゆうまに過ぎました。

あのスロープ何回往復しただろう?(笑)
みんな夢中とゆうか必死だったけど、他人から見たら…や、スロープ組以外のファンやメンバーからも見たら異常な光景だったと思う…(笑)。

でも、距離的には立ち見より近かったし、3人から反応もらいやすいし、
なんだかんだ言ってかなりオイシかった!!!
スロープ上り下りは体力的にもきつかったけどね…。
しかもただでさえ暑いのにあの熱狂。熱かった。



整理券もらえなくてどうなることかと思ったけど、
スロープから見れて良かった。楽しかった。
何よりも、素敵な思い出が出来たこと。
終わりよければすべてよしっ!みたいな。


3人がくれるものって、本当にいっぱいあるけど、
その中のひとつは、"安心"です。やすらぎ。

そして、キラキラ。
やっぱり3人はカッコイイ!!!

少なくとも、連日のリハで疲れてるだろうに、
ファンサービスうれしかったよ。
うれしかった(´;ω;`)



ファンって楽しい。








スポンサーサイト
コメント
コメントする