CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
WARP
BLOG LIST
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
ONLINE COUNTER
MERO
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< HAPPY HAPPY 23th BIRTHDAY | main | 光陰矢の如し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

君がくれたメッセージ
081224_214535.jpg
▲ニッポン放送

24日のこと。
『第34回 ラジオ・チャリティー・ミュージックソン』の観覧に行ってきました。
番組の詳細はこちら


クリイベは行かれなかったけれど、
5年間ほんとにこの日が来るのをずっと待っていたので、
行かれないのはとっても悲しくて悔しくて残念だったけれど、

その代わり、に与えてくれたかのように、
クリスマスイブはとっても素敵な思い出が出来ました。
まさかこんなことになるなんて。
どん底にいただけに一層うれしすぎてうれしすぎて…
それはあまりにも夢のようなひとときでした。
いまだに信じられない。
あのとき、あと少し気付くのが遅かったらと思うとぞっとするほど。



24日。
私がその情報を知ったのは、20時を回った頃でした。
直後に時計を見たら20:07だったのをよく覚えている(笑)。

イブの食事とは思えない適当な夜ご飯(笑)を食べ終えて、
ぼーっとテレビを見ながら携帯サイトをチェックしてたら、、、

「公開生放送」「生歌」「近くの人は遊びに来てね!」などという文字が。

(。Д゚; 三 ;゚Д゚)?!

この日にラジオがあるのは一応知ってたけど、公開だなんて知らなかった。
しかも生歌?!!
突然の呼び出し(違)に、頭パニックになりつつも、迷うことなくとっさに行動してた私。
急いで支度して3人にあえるのなら…一目でも見れるのなら…と、
わずかな可能性に託した希望を信じ、イブの夜に家を飛び出して目指すは有楽町!
間に合うかわからないけれど行くしかない一心でとにかく急ぎました。


そして21時直前に有楽町駅着。…奇跡!
ちょうどいいタイミングで急行が来て乗れたり、乗り継ぎも順調だった。
しかし、食べた後すぐこんなに急いだり、精神的にも不安やら緊張やらでわけわかんなくなってて、有楽町着いた頃には若干気持ち悪かった(笑)。

そしてニッポン放送へ。
初めて足を踏み入れると、地下のイマジンスタジオに続く階段にはファンの列が。
あ、でも誰でも見学出来るらしく通りすがりの方っぽい人たちもちらほら。
私が並んだ頃はもう21時を過ぎててすでに何人かが観覧中だったけど、
並んで10分交代で見学出来るとのこと。

ホッとした…。w-inds.にあえる!りょうちゃんにあえる!!
でも同時に、ちゃんと見えるかなぁ?てか本当にw-inds.いるの?!
という半信半疑と、いまいちラジオの内容を把握してなくて少しの不安と、
てゆか私1人だった!ぎゃあ恥ずかしいー!…とか、、、
いろんな気持ちが全身を駆け巡ってました(笑)。



交代で私たちの順番になり観覧スペースへ入ると、3人は電話の受付中。
かわいいーーー!
受話器を持って耳に当ててなんか話してる!!
10分ほぼずっとこのままだったけど、貴重でした。
電話してる3人を見れることなんてそうそうないよね!笑


あと、スタジオの中にクリスマスツリーがあって、その横に佇んでいるしみたくを発見。
携帯を3人の方に向けて写真撮ってたっぽい!
そんな光景が見れたのも微笑ましくてうれしい。

しかし10分という時間の短いこと。一瞬!



そしてまた並んで2回目。
今度はw-inds.の電話番は終わってて、ステージ(?)にて東MAXとトークしてました。
運よく見えやすい場所をキープ出来たこともあってもうドキドキしっぱなし!
なんてゆうか、、、こうして3人にあえてすごい安心したというか、
あいたくてあいたくていたら本当にあえたという感動に胸がいっぱいというか。
でも今こうしていることが不思議で、夢か幻なんじゃないかと思ったり。


さらに、本当に生歌まで披露!
ファンの目の前まで来てくれて歌ったの。
今までは、5月に行かせていただいたVMAJで観たのがいちばん近いライブだったけれど、
距離的には同じくらいかな。
ただ、高さが無い分、目線が一緒…。
等身大のw-inds.が数メートル先に居た.…。
ガラス一枚挟むとは言え、ものすごい近かった…。
3人のオーラが眩しい。
しかも、ダンスが無い=ほとんど動かないから、しっかりと3人が視界に入って見えるわけ。

…感 無 量。

Everyday、本当にいい曲。
心に響いて染みて、魔法にかかる。
とてもあたたかかった。

踊ってる涼平くんがいちばんかっこよくて好きだと思っていたけれど、覆されたよ…
バラードを歌う、踊らない涼平くんをこんな近くで観たのは初めて。
曲の世界に入り込んで歌う表情、舞う手、その姿、周りの空気もぜんぶ。
本当にうっとりする美しさに息を飲む。
瞳はキラッキラしてて肌つるんときれいで真っ白で、サラサラな髪の毛はちょっと伸びてて。
そういえば帽子被ってなくて顔がよく見えて。

しあわせすぎた。・゚・(つД`)・゚・。


気がつけば、萩本欽一さんも後ろで普通に見てたのにびっくり…(笑)。
3人の歌を聴いてとても感動されてたようでそれもまたうれしかったです。

Everyday1曲をフルで歌ってそれぞれお辞儀をして手を振って。
これでw-inds.の出演は終わり。
歌う前の、ちょっと緊張してたようなあの仕草と表情、かわいかった。
そして最後、しみたくを先頭にスタジオを出てゆく3人の後ろ姿までも愛おしい。


"昨日"の"今日"だったから、3人とも疲れてるんじゃないかとか思ったりもしたけど、
そんなの感じなかったぐらいいつもの3人に見えて、本当にみんなニコニコしてて。
拍手の合図を煽るときとか、ファンサービスもあったり、
あっというまだったけれど最高に楽しかった…楽しくてうれしかった…。

ファンは全部で何人くらいいたかなー?
100人もいなかったかと。
公開だってわかる人はわかってたのかな?すごいね!
この日あえるとわかっていれば、もっときちんと準備しておしゃれして気持ちも整えて行きたかったけれど、なんとか間に合いあの場に身を置けてよかったです。

私にとっては何にも代えられない大切な思い出になりました。







スポンサーサイト
コメント
コメントする