CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WARP
BLOG LIST
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
ONLINE COUNTER
MERO
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< せれぶれいしょんの真相。 | main | さよならなんてしたくないなぁ。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

ハナムケ解禁。
今夜のウィンストは早くも、今年最後の放送でした。
最後にふさわしく(?)なんと…!
噂の新曲発表を、告知どころか曲をオンエアしてくださいましたっ!!
うわぁああああああん!!!(感激)
(せいぜい、いつものごとく「来週重大発表があります」だと思ってたら…)

というわけで。
待ちに待った…本当に心の底から待っていた、w-inds.の新曲。解禁!
来年1月17日発売ぴかぴか 21th Maxi Single 『ハナムケ』


※以下、曲の個人的感想も含みます※




第一印象は、サラーっときれいに流れた感じ。(インパクト薄いとも言うが)
でも、コーラスが厚くていいなってことはすぐに思った。

ところが!
2回3回と繰り返し聴いてく内に きたよ…( ノД`)
何これ…泣かせないでよ!

なんともさみしい、かなしい、せつない。
こんな気持ちで胸がいっぱいになって涙が出てきた…。

それと同時に、久々に"w-inds.の新曲が聴けた"というよろこびに負けた…。
むしろ、今はこのよろこびの方が大きいのかもしれない。
ほんっとにうれしくて…うれしすぎて。
Celebrationのほんの数秒聴けただけでもスゴイうれしかったからもう大変。


一言で言えば、桜色バラードって感じかなぁ。(なんだそれ)
薄くて淡いピンクの花びらが、ゆるやかな春風に舞ってるような、
そんなイメージがすぐにわいた。空もうっすら水色で。

単純に良い曲だと思う。すごいきれい。だけど、すごくせつない。
静かな曲調だけに、じわじわと波が押し寄せてくる。
私は、どちらかと言えばバラードよりアップテンポ系が好きなのですが、
w-inds.のバラードは聴けば聴く程ハマるから、これもその1つになりそう。
あと、ピアノがいいね。効いてる!
(…なんとなく、YUKIのプリズムを思い出した。)

このバラードにダンスつくんでしょ?!
わ〜なんか想像つかない!どんななんだろう。楽しみー!


こんな曲今まであったかなぁ?また新しい雰囲気だと思った。
シングルでこうくるか?!とも思うけど、そこがw-inds.っぽいというか(笑)。
ほんとに、いろんなジャンルを歌えるんだなってことが、今回改めてわかったよ。

慶太くんの声、やさしい。一段とやさしく聴こえる。この声わたし弱い…。
やっぱり、せつないうたを歌う慶太くんの声が1番すき。どんぴしゃ。
さらに、そんな慶太くんの声にピッタリの、涼平くんと龍一くんのコーラスの心地良さが最高!!
もうずっと浸ってたい。酔いしれていたい。溶けたい。
特に、2番が終わってからすぐ流れてくような、、、ココ!やーばーいー!!!
そして、慶太くんのうっとりフェイクも。
あああああああああああほんとすてき!これぞうぃんずだうぃんず!!!


歌詞も聞こえてくる限り、せつないフレーズばかりじゃないか( ノД`)
あとで書き取ってみる。


・・・あれからずっとリピート中。
なんか、しばらく目を閉じて聴いていたい。




わたしが好きなのはこの感じ。
うまく言葉では表せないけど、この声の色。
ずっとあいたかった。ずっと待ってた。無くしては生きてけない存在。
これは、橘慶太1人じゃ絶対につくりだせない世界だよ。




CD買って聴いてから、また改めて感想書きたいと思います!
とりあえず、今日のウィンストでかけてくれて本当にありがとうー!!!
とにかく、ただただ、こうして新曲が聴けたよろこびひとしお。
昨日の私のブログ誰か見てくれたのかなぁ?(笑) (収録だよ)
おかげで、ウィンストの内容が飛んでった!笑
でも、3人して楽しそうに話してた。
思えば、ツアー終わってからは、唯一の、w-inds.の時間だったもんな。
貴重な30分間。
最後に涼平くん、二人にお誕生日おめでとう言ったよね!リーダーー!


あーほんとにほんとに!w-inds.はやっぱり3人だよ!
この3人が大好き。3人の歌声が大好き。
w-inds.の音楽が大好き。


☆はなむけ【餞/贐】

旅立ちや門出に際して、激励や祝いの気持ちを込めて、金品・詩歌・挨拶(あいさつ)の言葉などを贈ること。また、その金品や詩歌など。
例)「卒業生に―の言葉を贈る」

三省堂提供「大辞林 第二版」より
スポンサーサイト
コメント
コメントする