CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
WARP
BLOG LIST
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
ONLINE COUNTER
MERO
SEARCH THIS SITE.
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
<< その笑顔が 未来を照らす | main | あの頃 託した すべての想い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Beautiful Life プチレビュー
たまにはファンサイトっぽく、曲について真面目に(?)語ってみます。
今現在の感想として。

Beautiful Life、Space Drifter、I'm a Man。
今回(も)、3曲ともまったく違うタイプの曲で、聴き応えありました。
濃い。

私は3曲ともそれぞれ好きです!
3曲とも虜です。ヘビロテ中。
聴いてるコトが楽しくて仕方ない。
音楽の楽しさを改めて教えてもらってる気がする。




●Space Drifter

タイトルを知ったときは、宇宙っぽいギラギラびゅんびゅんした曲を想像したけど、聴いてみたら全然違うの。
最初の一小節で「あ…バラードかな?」って思って聴いてくと、
これがただのバラードじゃない!
曲が進むに連れてどんどん引き込まれてゆきました。
こういう面白い展開のある曲すごい好き。(例えば、ジレンマとかもそういう類)


そして歌詞がまたスゴイ…。
もう、、、(いい意味で)開いた口が塞がりませんでした。

だってこんな壮大なスケールの歌詞を…
歌うw-inds.もスゴイけど、作詞したshungo.さんスゴイと思います。(素)
(これって洋楽のカバーですか??見つからなかったけど)

space drifter …宇宙漂流者。
歌詞を見ればわかるとおり、1つのストーリーが描かれてる。
さすがだよなぁ。
(うん、アルマゲドンもわからなくない)

I'm trying to find my way 今できることをやってみるだけ に、
この曲の主人公の立場を、窮地に立たされたときに当てはめて、そういうメッセージかなとも思ったけれど、どうかな。
でもやっぱり、1つ1つの歌詞がすごく印象的だしリアル。
コックピット座って 基本に従い とか 長く辛かった養成時代
とかさ、、、そういう歌詞出てくるのって珍しいよね…。
なのにそんなに不自然じゃなくメロディにのってるのが良い。

1回聴いたあとに、「こういう歌ってどうなんだろう…」と一瞬でも思ったんだけど、今となっては3曲の中でいちばんハマってるかも。


[maybe][baby] とかの、慶太くんをおっかける涼平くんのエフェクトかかった声がスゴイ好き!
そこから流れてくBメロのハモリもいいし、サビのメロディラインが最高。


あ、そうそう。
w-inds.も言っていたけど、日本語で書いてあるのに英語で歌ってる部分がある歌詞がおもしろい!


寝る前とか暗闇で、イヤフォンで大音量で聴くといい感じです。(?)
しかも私の部屋、壁一周に、星(暗くなると光るやつ)貼ってるから、なんか雰囲気が合う。


んー。でも、なぜだろう。
聴いてるとかなしくなってくるんだよ…。




●I' m a Man

文句なしに、カッコイイ!!!
アルバムにありそうな曲だと思った。
ライブで観るのが楽しみ!(早)

コドモじゃない〜I'm a Man で、キマルとこ、いいね。
その直後も好き。

あと、ところどころに入る慶太くんのフェイクがかっこよすぎてやーばい!
ため息もの。

韻を踏んでる部分とかの言葉の響きが聴いててきもちいいので、年上がどうとか歌詞の世界観は深く考えません(笑)。




●Beautiful Life

カップリング2曲を知ったあとに改めてこっち聴くと、
一段とすっと馴染みやすく感じます。
(『ドラマの主題歌』とゆうことで、盛り上がったのがもうだいぶ前で、聞き慣れてたってこともあるんだろうけども。)
歌詞も、深い割にシンプルにまとまってるし。

初めて聞いたときは、Tu-ru-tu-tu-ru-tu-tu-ru,〜A-i-ya-i-ya が、
すごくインパクトあってビックリしました!ハレルヤのとこも。

曲調としては、基本的にアップテンポが大好きな私は相当うれしかったです。
しかも、なんてったって、3人の絶妙なハーモニーが心地良い!!!


“変わらない”って“変わる”よりも強さが要るね
で思い出したのは、

永遠の途中の
“変わらないもの”求めたり…人は弱くて
“変わりゆくこと” を望んだり…人は強くて

というフレーズでした。


『変わる』こと。『変わらない』こと。

w-inds.は、確かに変わっていってるけど、変わってないと思います。

昔、私は、w-inds.はこういう方向性の歌がいい!って若干決めつけてたところがあったりしたけど、最近の彼らをみていると本当に、歌えるジャンルの幅がぐっと広くなって、しかもちゃんと、"w-inds.のもの"にしていってるので、今回もそれ自体単純にスゴイなって思ったし、もっと可能性を感じました。そこにまたw-inds.の魅力を確信した。
…なんか…褒め過ぎだけど、ほんとにそう思う。

で、いろいろなジャンルを挑戦したw-inds.の新たな良さを好きになっても、いわゆる私が好きな方向の曲を歌うw-inds.もやっぱりずっと好きだし、そういうのって褪せない。

あー…なんか言いたいことがよくわかんなくなってけど、とにかくw-inds.ってスゴイと思ったのです。


TV LIFEだったかな、立ち読みしてて感銘受けました。↓

w-inds.らしさって、この3人でならどんな曲でも出せる自信がある

メールにメモしてきた(笑)。たぶん慶太くんが言っていたはず。
このことは、この3曲聴いてすごい納得した!


w-inds.を知らない人は本当にもったいない。
ファンだからそう思って当たり前かもしれないけど、や、でも、ほんとに。
スポンサーサイト
コメント
コメントする